不倫相手に浮気の慰謝料を請求する方法 | 探偵の調査費用相場NEWS







不倫相手に浮気の慰謝料を請求する方法



夫婦はお互いに
貞操を守らなくてはなりません。



要するに既婚者は
浮気や不倫を
してはいけないということ
ですが、

もしもパートナーの浮気による
貞操権が侵害された時には
精神的苦痛を受けた損害賠償として
慰謝料を請求することができます。

不倫相手に慰謝料を請求する

慰謝料を請求できる対象者は、
不倫をしたパートナーと
その相手
です。


ただし、不倫相手に
慰謝料を請求する場合は
一定の条件を
満たしている必要がある
ため、

浮気をしたイコール
慰謝料が取れると
いうわけではありません。





まずは不貞行為を立証しましょう



慰謝料請求をするためには、
まず不貞行為を立証する
必要があるでしょう。



法律上では既婚者の浮気を
不貞行為と言いますが、

不貞行為の定義は
数回にわたって肉体関係が
あった男女である
としています。


つまり、風俗や同性との肉体関係、
またはキスのみなどの場合は
不貞行為とは
みなされることはありません。



また、夫婦であっても

既に夫婦関係が破綻している場合、

既婚者であることを
内緒で不倫相手と付き合っていた場合、

脅迫や暴力で
相手と関係を結んでいた場合でも
慰謝料請求は認められていません。



それを踏まえた上で、
不倫相手が浮気を認め
慰謝料の支払いに応じてくれれば
不貞行為の証拠は必要ありませんが、

もし、不倫相手が浮気を認めない場合は
法的に通用する証拠が必要
です。





実際の浮気現場の証拠は探偵に依頼する



浮気の証拠は、
確実に肉体関係を持ったという
事実
ですので、

例えば、ホテルや相手の自宅へ
出入りする画像
もしくは動画がいい
でしょう。

実際の浮気現場の証拠は探偵に依頼する

最近ではメールで
浮気が発覚する人もいますが、

メールの内容だけでは
浮気をしていることは
分かっても肉体関係を
立証するのは難しいのが現状
です。



ならば自身で証拠をつかもうと
考える人もいるでしょうが、
素人が浮気調査を行うのは
バレる可能性もあり
おすすめはできません




また、下手をすると名誉棄損で、
逆に訴えられてしまう
可能性もありますので、

浮気の証拠をつかむためには
探偵に調査を依頼する
のが
一般的となっています。





不倫相手の個人情報をきちんと押さえておきましょう



仮に訴訟を起こすとしたら
不倫相手の氏名、住所、連絡先なども
必要
なので、

それも合わせて掴むためには
やはり探偵に依頼したほうが確実です。



慰謝料の請求方法は
話し合いで和解が一般的ですが、
それが不可能なら
裁判を起こすことになります。


和解で成立すれば
和解契約書を作成し、
両者の署名捺印をした
書類を証拠として残しておきます。

不倫相手の個人情報をきちんと押さえておきましょう

不倫相手とは会いたくない、
または不倫相手が
話し合いに応じないというのなら
内容証明で慰謝料を郵送し、
慰謝料を請求することもできます。



個人で話し合いをしても
問題はありませんが、

いずれにしても
探偵や弁護士を通した方が
慰謝料請求も
スムーズにいく
でしょう。







電話相談は無料です。
誰にも言えない悩みを、相談してみてはいかがですか?


電話相談はこちら